法律

  1. 意外と知らない道路交通法

意外と知らない道路交通法

法律法律

意外と知らない道路交通法

車を運転する上で道路交通法は遵守しなければなりません。信号を守る、飲酒運転はしないなど、これらのことは知っている方が大半ですが他にも守らなければならない道路交通法があります。ここでは、意外と守られていない道路交通法を紹介していきます。

道路交通法とは

道路交通法は「道交法」と称されることが多く、道路における危険を防止する為に作られた法律です。
道路交通法を違反すると「刑事処分」「行政処分」が課せられ、場合によっては「民事責任」が問われるケースもあります。
道路交通法は昭和35年に制定され、これまでにいくつも改正されています。昭和42年には初心者マークが導入され、平成3年にはAT限定免許が定められ、最近だと令和元年にながら運転の禁止が追加されました。

知らないでは済まされない道路交通法違反

雨の日の運転で注意したいのが水たまり泥はね運転です。水たまりやぬかるみがある道を通る際は、徐行したりそれらを避けて運転しなければなりません。歩行者などの他人に迷惑をかけてはならない、という法律です。
夏などはサンダル運転にも注意が必要です。都道府県によって変わりますが、基本的にサンダルやハイヒールなどの運転操作に支障を及ぼすおそれのあるものや運転を誤るおそれのある靴では運転しないでください、という法律になります。
高速道路での運転では50km未満で走行することも禁止されています。逆に速度超過も違反となるので注意が必要です。

totop