法律

  1. 確定申告って何?

確定申告って何?

法律法律

確定申告って何?

個人事業主は会社員と違い、自分で確定申告を行わなければいけません。今回は確定申告の仕組みをまとめてみました。

確定申告と年末調整

確定申告とは所得にかかる税金の額を計算して、税金を支払うための手続きの事を指します。1年間の所得を計算し、必要書類を揃えて税務署に申告・納税する事で、人によっては納めすぎた税金が還付金として戻ってくる場合もあります。
確定申告をしないと、本来納めなければいけない税金に加算税や延滞税が発生して納税金額が高くなってしまうので注意が必要です。
いわゆる所得とは、収入金額から経費を引いた額になります。軽貨物ドライバーの個人事業主の方はガソリン代などが経費になります。なので、確定申告で申請する所得は売上から経費を引いた額になるということです。
対して、年末調整は給与から天引きされている所得税の過不足を計算して調整手続きする事を言います。毎月給与から天引きされている所得税はあくまで概算なので、生命保険料控除などが反映されていない為、年末にそれらを合わせて精算します。
確定申告は個人事業主が1年間の所得を1回で行い、年末調整は会社が給与から天引きされている所得税の調整を年末にする事を言います。

青色申告と白色申告

確定申告書を税務署に提出する方法は税務署に郵送する、手渡しで直接税務署に提出、電子申告システムを使いオンライン上で済ませるの3つがあります。
また、確定申告の方法には青色申告と白色申告の2種類があります。
青色申告は特別な控除や様々な優遇特典のついた方法で、1年間の取引を複式簿記の形で作成した帳簿が必要になります。
白色申告は青色申告と比べて提出書類が少なかったり、帳簿も日々の合計金額を一括記載する方法で申告できる方法でしたが、2014年の法改正により白色申告も帳簿を作成する事が義務付けられました。
法改正により、現在は青色申告にした方がメリットが大きいという意見が多数となっています。

totop