豆知識

  1. 普通自動車免許で運転できる車は?

普通自動車免許で運転できる車は?

豆知識豆知識

普通自動車免許で運転できる車は?

軽貨物車は普通自動車免許で運転する事ができます。しかし、法改正などによって昔と今では運転できる範囲が変わってきています。ここでは、普通自動車免許で運転できる範囲を説明していきます。

2回の法改正で免許区分が変更されている

現在、自動車免許は「普通自動車免許」「準中型自動車免許」「中型自動車免許」「大型自動車免許」があります。
平成19年6月1日より以前は普通自動車免許、大型自動車免許と特大大型自動車免許の区分でしたが、同年6月2日より免許を取得した人は中型自動車免許の区分が新設され、特大大型自動車免許の区分が廃止されました。厳密にいうと少し総重量などが違いますが、特大大型自動車免許の区分が大型自動車免許の区分になり、大型自動車免許の区分が中型自動車免許の区分になりました。
さらに、平成29年3月12日以降は準中型自動車免許の区分が新設されました。これにより、中型自動車免許の区分が細分化され、普通自動車免許で運転できる車両範囲が狭まりました。普通自動車免許の車両総重量は3.5トン未満、最大積載量は2トン未満となり、普通自動車免許では2トン車は運転できなくなりました。

免許取得日による運転範囲について

2007年6月1日以前に普通自動車免許を取得された方は、中型自動車免許が新設される前に免許を取得されているので、元々の車両総重量8トン未満の条件で運転する事ができます。
2007年6月2日から2017年3月11日に普通自動車免許を取得された方は、1回目の法改正から準中型自動車免許が新設される前に免許を取得されているので、車両総重量5トン未満の条件で運転する事ができます。
2017年3月12日以降に普通自動車免許を取得された方は、準中型自動車免許が新設された後に免許を取得されているので、車両総重量2トン未満の車を運転する事ができます。

totop