車両

  1. 車の排気量って多いといいの?

車の排気量って多いといいの?

車両車両

車の排気量って多いといいの?

この車は〇〇ccです、とディーラーから聞いても何の事?という方は結構いると思います。今回は車の排気量について説明していきます。

排気量が多い車のメリットとデメリット

1500ccなどのccというのは排気量を表しています。
車はエンジン内部でガソリンを燃やして動力を生み出します。ガソリンを燃やす筒をシリンダーと言い、ガソリンが燃焼するとピストンが上下に動く事で車は動きます。
排気量は「シリンダーの内径×ピストンの上下運動の長さ」で分かります。シリンダーが4つあれば、出た数値の4倍にして〇〇ccという排気量が求められます。
排気量が多いとエンジンパワーが大きくなり、加速がスムーズになり最高速度も上がります。また、排気量が多ければ多いほどエンジンの回転数が少なく済み、エンジン音が静かになります。
デメリットとして、エンジン重量が重くなり基本的に燃費が悪くなる事がほとんどです。また、排気量が多いほど価格設定が高めに設定されます。

totop