車両

  1. 車のタイヤの寿命はどれくらい?

車のタイヤの寿命はどれくらい?

車両車両

車のタイヤの寿命はどれくらい?

車を運転しているとどうしてもすり減ってしまうタイヤですが、どれぐらいで交換するべきなのかを説明します。

スリップサインを見逃さない

車のタイヤの寿命は安全に運転する事ができなくなった時です。例として、ひび割れや亀裂が入った時ですが、タイヤの溝が1.6mm以下になるとスリップサインが出てきます。このスリップサインが出た時はすぐに交換が必要で、そのまま走行すると道路交通違反になるので注意が必要です。
さらに、タイヤには消費期限があり、メーカーは5年を推奨しています。車の使用状況によってはゴムの劣化が激しくなっているケースもあります。
道路状況にもよりますが、一般的に走行距離5,000kmでタイヤの溝が1mm摩耗します。新品タイヤの溝が約8mmなので、単純計算すると32,000km走るとタイヤの溝が1.6mmになります。消費期限の5年を過ぎていたり、走行距離が32,000kmを超えた辺りで点検を行うのが理想です。

totop