車両

  1. 寒冷地仕様の車って?

寒冷地仕様の車って?

車両車両

寒冷地仕様の車って?

車を購入する際にディーラーから寒冷地仕様の車です、と聞かれた人も多いと思います。「寒い地方でも乗りやすい車なんだな」と思う事はあっても、具体的にどういった仕様になっているのか、こちらで説明していきます。

寒冷地でも走れる装備

一般的な車両と大きく変わってくるのが車の装備になります。大きく変わってくるのが、エンジンオイルの低粘度化と防錆性の強化になります。気温が低い地域でもオイルがちゃんと循環する様に、低粘度化されたものを使います。また、気温が低い地域は雪が降りやすい地域という事が多いので、雪などで錆が起きないように腐食対策もされています。
さらに、通常のワイパーではフロントガラスに積もった雪を除去するのにパワーが不足気味ですが、寒冷地仕様の車のワイパーは特殊合成ゴムで作られたワイパーを使用しています。
また、気温で大きく変わってくるのがバッテリーです。バッテリーは寒さに弱く、気温が低い地域では性能が低下する事が多々あります。その為、寒冷地仕様の車はバッテリーそのものの容量が多くなっています。
次に変わってくるのがフロントガラスです。気温が高い地域でもフロントガラスが曇る経験は誰もが通る道です。通常の車ではマイナス15度を下回れば凍結してしまいますが、寒冷地仕様の車はマイナス度前後まで耐えられるものもあります。

寒冷地仕様車のメリットとデメリット

寒冷地仕様車のメリットとしては、氷点下の地域でも故障やトラベルを避けられる様になっている事です。ワイパーの強化で視界を確保できたり、ヒーター類も一般車と比べて充実しているという点が挙げられます。
デメリットとしては、一般車と比べて様々な仕様が強化されているので価格が高く設定されている点です。

totop