車両

  1. ディーゼル車とは?

ディーゼル車とは?

車両車両

ディーゼル車とは?

ディーゼル車の定義はディーゼルエンジンを搭載している車の事を言いますが、ディーゼルエンジンとは何なのかを解説していきます。

ディーゼル車は軽油で行う

ディーゼル車は一般車と違い、レギュラーではなく軽油で動きます。レギュラーを入れるとノッキングが起こったりしてエンジン本体に大きなダメージを受けてしまいますので注意が必要です。
ディーゼル車は一般車と比べて燃費が良く、尚且つ燃料代が安い事がメリットとして挙げられます。ディーゼルエンジンは軽油が燃料であり、軽油は1リットルあたり20円ほど価格が安い為、節約ができると言えます。ただ、その分車体価格が高額に設定されていたり、一般車と比べて専用のエンジンオイルが必要で価格が高めになっています。

燃料の違い

ガソリンスタンドにあるレギュラー・ハイオク・軽油ですが、元は同じ原油から蒸留して作られたものになります。この原油を加熱する際の沸点によって種類が分けられ、30~180°でレギュラーやハイオクなどのガソリン、240~350°で軽油が留出されます。
軽油がガソリンよりも安いのは、ガソリンを蒸留する過程で生まれる燃料である為です。

totop